Archive | 6月 2014

ジェルクレンジングの特徴

ジェルタイプはクレンジングランキングの中でも常に上位に入るポピュラーな商品と言えます。
洗浄力も高く、使用後がオイル特有の油膜感が無くべた付いたりしないので、さっぱり系を好む人にもおすすめです。

濡れている手で使用すると洗浄力が下がってしまうので、顔と手の水気は拭き取ってから使用して下さい。
ポイントは、クレンジング剤を手に取ったら人肌で暖めるように両手の平を擦り合わせクレンジング剤を伸ばします。
そうすることでジェルが柔らかくなり、メイクと馴染ませやすくなる効果があります。
クレンジング剤を顔にのせたら、優しく丁寧にクレンジング剤とメイクを馴染ませるようにクルクルと指先を滑らせます。
メイクがクレンジング剤と馴染んできたら、ぬるま湯で洗い流します。

オイルタイプやクリームタイプなどのクレンジングを使用した後は水で洗い流しても中々さっぱりしないので、いつまでもクレンジング剤が顔に残っている感覚があるようです。
しかし、ジェルタイプはぬるま湯で洗い流すとクレンジング剤が肌に残っている感じも無く、きちんと洗い流せたことが分かりやすいので、すすぎ過ぎて肌に負担を掛けることもありません。
ジェルタイプの良い所は、洗浄力の高さと、洗い上がりがさっぱりとしている点と言えるでしょう。

ジェルタイプは洗浄力の高さから、肌の潤いまで奪ってしまいがちです。
洗顔後はきちんと保湿のスキンケアを行う必要があり、乾燥肌などのトラブルを持つ人にはあまりおすすめしません。
中には、乾燥を引き起こすという欠点を改善する為に保湿効果も加えられたジェルタイプのクレンジングもあります。
肌の乾燥は様々な肌トラブルを引き起こす可能性があるので、保湿効果もあるようなジェルタイプや洗顔後の保湿ケアで欠点を補うようにすると良いでしょう。

This entry was posted on 2014年6月5日.