お見合いパーティーのプロフィールカードの重要性

お見合いパーティーにも様々なスタイルがありますが、大まかな流れとしては、まず受付で参加料を払い、番号札とプロフィールカードを受け取りプロフィールカードに記入します。パーティー開催時間になったら、司会者から本日の進行について説明がありその後、自己紹介タイムとなり異性一人一人と数分ずつお話しするのですが、この際お互いにプロフィールカードを交換します。そしてプロフィールカードの情報を元に会話を弾ませていくのが一般的です。フリータイム終了後は、印象の良かった方の番号に丸を付け(中間インプレッション)スタッフに渡し、後半のフリータイムへと突入です。フリータイムの途中で、中間インプレッションの結果をスタッフから渡されますので、気に入ってくれた相手と積極的にお話していきましょう。その後、最終的に「お付き合いしてみたい」という方の番号をマッチングシートに記載し、スタッフに渡し、主催者の方で集計。カップル誕生の発表があります。

お見合いパーティーは、だいたいこの様の流れとなりますがお見合いパーティーで出会う異性は、基本的に初対面のはずですから、自己紹介タイムでお話する時に、どんな話をして良いのか困ってしまいますよね。そんな時、心強いのがプロフェィールカードです。プロフェィールカードの記入項目は、主催者側で予め決めてあり、多少異なる場合もありますが、氏名、年齢、職業などの基本情報と趣味、好きな映画や音楽などといった項目が多いはずです。もちろん全ての項目を埋めなくてはならないワケではありませんが、空欄だらけだと「本気で参加してるの?」と思われてしまうかもしれませんし、相手にとって会話の糸口が掴めないというデメリットがありますので、自分を分かってもらうために、趣味などは書くようにした方がいいですね。また、空欄ばかりでも駄目ですが、小さな字でビッチリ書いてしまっても読むのが大変です。自己紹介タイムは数分ですから、ポイントを抑えて読みやすく記入することも大切です。

頂いたプロフィールカードを元に、相手との共通点が見つけられると会話の突破口になりますし会話も弾むでしょう。例えば趣味がお互いに読書ならどういったジャンルの本が好きなのかからお話を進めていくことができますよね。

このように、プロフィールカードは異性と話をする上でとても重要なものです。自己PRの大切なツールとして上手に活用していきましょう。

This entry was posted on 2012年11月25日. Bookmark the permalink.